逆張りはしない。。。

 こんにちは!逆張りした良品計画の含み損が拡大一方の「ひよっこ」です!ついに13%も含み損を抱えています…。
 本日は「逆張り」について書いていきます!以前は私もよく逆張りをしていましたが、どうも上手くいかないことが多かったです。そこでいろいろと考えた結果、一つの仮説が立ちました。私がどう考えて、その仮説に至ったのか、その全てを説明します。


逆張りとは

 逆張りとは、大きく下落した銘柄を割安と判断して買うことです。例えば「楽天は携帯事業参入に手間取っていて大きく下落したけど、参入したら雰囲気が変わるだろう」と考えて買うことを言います。他には「ヤマトはブラック企業だと言われたり、ブラック体質の改善のために値上げしたりしたことから株価が下がっているけど、自動運転が来れば復活だろう」と考えて買う。このように今の下落は一時的なもので、長期的には割安な内に購入して、将来状況が変わったときに利益を出そうとすることが逆張りです。しかし、実際は上手くいかず、途中で諦めてしまうことが多いです。これはなぜなのか、次の項で説明します。


逆張りをしない理由

 投資はいろいろなところから情報を引っ張ってきて最終的には自分が判断します。ですから、いつも予想通りにはならず、時には大きな損失を招くこともあります。上昇基調で、地合の良いときは基本的にみんながその銘柄を買いたいと思っています。ですから、多少高くても買おうとするので、何もニュースがなくても株価は上昇します。では、下落基調の時はどうでしょう?当然上昇基調の時と反対でみんなが売りたいと思っています。そのため、少しでも上がろうものなら、ここぞとばかりに一斉に売りが殺到します。この下落基調の時に己を信じて買い付け、下がり続ける株価をいつか上がる、いつか上がると信じて持ち続ける強靱なメンタルが必要不可欠です。未来は誰にも分かりません。その未来を描いているのはあくまでも自分で、自分を根拠に下落基調の株を買い、先に見えない上昇期までこれを持ち続けるのは精神的に難しいです。

 もう一つ、これは私のような弱小投資家ならではの理由ですが、逆張りは資金効率が悪いです。逆張りは状況が一変するのにかなりの時間を要します。運良く底値で買えたら良いですが、なかなか狙って出せるものではありません。そのため、買い付けてから一定の割合下落すると買い増すことで、買付単価を下げようとすると思います。年単位で下落する銘柄を買い続ける訳ですから、始めは少額でも、額を積み上げていくにつれて、買います額も増やさないとなかなか買付単価は下がらなくなります。そうこうしているうちに、自分のポートフォリオの大きな割合を逆張り銘柄が占めることになってしまいます。こうなると、折角のチャンスを逃しかねません。弱小投資家にとって、一定量の資金を長期間にわたって動かせないことは、大きな痛手となってしまいます。


逆張りではなく、順張りを

 逆張りがだめなら何をすれば良いのか、順張りをすれば良いのです。上昇基調のある銘柄に投資すれば、逆張りとは反対に、基本的には上がります。参考までに、私のテクニカル分析の手法についての記事を貼ります。この記事では上昇基調のある銘柄の判断基準や、判断方法を書いています!


 本記事は以上となります。最後まで読んで下さりありがとうございました!また次回の記事も宜しくお願いします!!!

※投資は自己責任でお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました