インカムゲイン投資法

 こんにちは!
 本日はひよっこが実践しているインカムゲイン投資法について紹介していきます!


インカムゲイン投資法とは

そもそもインカムゲインとは

 インカムゲインとは、配当金や分配金、株主優待などの総称です。ひよっこが主に考えているインカムゲインは配当金と分配金です。株主優待も魅力的ではありますが、株主優待をいくら得ても、それを使って株式を購入することはできません。しかし、配当金や分配金であれば得られるものは現金ですから、そのお金で高配当銘柄に投資しさらに配当金や分配金を得ることが可能になります。(これが複利です!利益を投資し、さらに利益を得る。そしてその利益を投資し…)

インカムゲイン投資法の概要

 上でも紹介していますが、投資をして配当金を貰う投資法です。積立を行い配当金を増やすと共に、配当金を再投資することでさらに配当金を得ることを狙います。

インカムゲイン投資法のメリット・デメリット

 インカムゲイン投資法のメリットは三つあります。
 一つ目は、比較的安定した収入を得られることです。
 二つ目は、増配があることです。
 三つ目は、株価を気にしなくて良いことです。

 一方で、デメリットは二つあります。
 一つ目は、減配、無配があることです。
 二つ目は、比較的利回りが低いことです。

ひよっこが選ぶインカムゲイン銘柄

 私が選ぶ日本株インカムゲイン銘柄は以下の通りです!(2020年9月22日現在は18銘柄)

銘柄名利回り配当額権利落ち月備考
日本たばこ産業7.77%154円6,12月
ソフトバンク6.92%86円3,9月
三井住友FG6.13%190円3,9月累進配当
三菱UFJ5.67%25円3,9月
オリックス5.53%76円3,9月
ENEOS5.5%22円3,9月
りそな5.33%21円3,9月
三菱商事5.2%134円3,9月累進配当
セイコーエプソン5.04%62円3,9月
NTTドコモ4.63%125円3,9月
NTT4.44%100円3,9月
KDDI4.37%120円3,9月
積水ハウス4.18%82円1,7月
第一生命3.97%62円3,9月
豊田通商3.56%110円3,9月
日本駐車場開発3.54%4.75円7月
日東電工3.06%200円3,8月
協和エクシオ2.95%82円3,9月

 利回り5%以上の銘柄は過去10年間に減配がないこと、利回り4%以上は過去10年間に減配がなく増配の可能性が高いこと、利回り3%以上は過去10年間に減配がなく5年以上増配していること、をそれぞれの利回り帯の条件として課しています。ただ、3,9月が権利落ち日の銘柄以外はその条件を緩和しています。理由としては銘柄数が少なく、条件をそのまま課すと十分な銘柄数が残らないことが挙げられます。条件を緩和したとはいえ、減配があればすぐに銘柄から外します。

 続いて米国株のインカムゲイン銘柄です!

銘柄名利回り配当額権利落ち月
エクソンモービル9.36%3.48ドル2,5,8,11月
アルトリア8.63%3.44ドル3,6,9,12月
AT&T7.19%2.08ドル1,4,7,10月
シェブロン6.60%5.16ドル2,5,8,11月
フィリップモリス6.15%4.8ドル3,6,9,12月
ダウ・ケミカル5.56%2.8ドル2,5,8,11月
IBM5.31%6.52ドル2,5,8,11月
アッヴィ5.14%4.72ドル1,4,7,10月
ベライゾン4.16%2.51ドル1,4,7,10月
ファイザー4.15%1.52ドル1,5,8,11月
シスコシステムズ3.62%1.44ドル1,4,7,10月
3M3.47%5.88ドル2,5,8,11月
配当額は直近の四半期の配当額を4倍した額を記載しています。

 米国株も日本株と同条件を課しています。配当利回りは直近の株価を基準として算出しました。理由は米国株はコロナ以前までの株価に戻っているからです。もちろん全ての銘柄がそうという訳ではありませんが、、、。


インカムゲイン投資手法

(日本株)

 権利落ち月とその前の月は積み立てせず、それ以外の月に積立を行います。基準日の利回りが5%を超えている銘柄(日本たばこ産業、ソフトバンク、三井住友FG)は、2万円ずつ積み立て月には必ず積立を行い、5%未満の銘柄は余った積立枠を使い切るように1万円ずつ順番に積み立てます。そのため、5%を超えている銘柄とそうでない銘柄とでは積立額に大きな差が生まれます。また、5%未満の銘柄の中で、りそな、JXTG、三菱商事は他の5%未満銘柄よりもやや多めに投資していきます。(年末に2万円ずつ積み立てる等)積水ハウスは特殊な権利落ち日なので、2万円ずつ積み立てます。

(米国株)

 権利落ち月の翌月に1万円ずつ積み立てるのですが、日本株同様に配当利回りが5%を超えている銘柄は2倍のペースで積み立てる予定です。米国個別株以外にもOne Tap Buyのロボ貯で採用されていた高配当ETFへの投資も適宜行います。


資産推移計画

目標

 インカムゲイン投資の目標は、、、

 ① 10年後に2,000万円の資産を築くこと
 ② 10年後に配当金100万円

 です!かなりハードな目標ですが、達成に向けて頑張ります!!!

資産額と配当金の推移計画

 資産額と配当金は以下の表のように推移させる計画です。なお、配当金は3月に平均して5%の増配があったという計算で算出しています。また、資産額と配当金は3月末時点での金額を表示しています(配当金は増配前の数値)。

~年目資産額   配当金(税引き後)備考
1年目2,430,000円94,303円
2年目3,980,000円168,885円7月に月1万円の配当金を達成!
3年目5,770,000円253,333円1月に月2万円の配当金を達成!
4年目7,210,000円330,486円
5年目8,760,000円414,204円6月に月3万円の配当金を達成!
6年目10,560,000円513,622円12月に資産額1,000万円を達成!
7年目12,600,000円623,265円12月に月5万円の配当金を達成!
8年目14,880,000円744,559円
9年目17,400,000円879,474円
10年目20,160,000円1,036,813円最終目標達成!!!
ポートフォリオ計画

 最終的に完成したポートフォリオはこんな感じでした!

 ちょっと分かりにくいですね…。銘柄は日本株、米国株、高配当ETFの順で、それぞれ利回りの高い銘柄から順に並べています。もう少し見やすくします。

 日本株は米国株の約2倍の投資をしています。次は各国株の分散具合です。

 上位5銘柄が60~70%を占めています。分散投資としてはあまりよろしくはないかもですが、分散をしすぎると目標に到達できないため、なかなか難しい問題です。ただ、ここまで資産を築ければ、後から分散のために下位銘柄への投資を積極的に行い、分散具合を改善することもできそうです!

 米国株はかなり良い分散具合です!目標達成後も、このままの形を維持して分散投資を継続すると良さそうです!


一言

 私のインカムゲイン投資について書いてみました!10年後の目標に向けて、計画を進めていこうと思います!
 本記事は以上となります。最後まで読んでくださりありがとうございました!また次回の記事も宜しくお願いします!!!

※投資は自己責任でお願いします!
↓下のボタンをぽちっ!としていただけると大変喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 株 オリジナル手法へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました